薬剤師が解説する分子栄養学 ビタミンCの凄い力~美容から免疫アップまで~

こんにちは!漢方薬剤師の白井です。

今日は分子栄養学の観点からビタミンCのお話をします。

 

ビタミンC

 

ビタミンCと聞くと、肌を良くするものというイメージがあるのではないでしょうか?

若い女性がビタミンCのサプリや美容液を宣伝しているので、そのイメージがありますし、美肌につながることは間違いありません。

 

しかし、ビタミンCの効果が美肌だけと思ったらとてももったいないのです!

 

ビタミンCは免疫の向上に寄与します。

血中でウイルスと戦う“インターフェロン”という物質や“抗体”の濃度を高める働きがあります。

 

ウイルス 風邪

 

実際に1日1gのビタミンCを摂取していたことで、風邪の発生を減少させたという報告もあります。

 

ビタミンCは強い抗酸化力を持っています。

酸化=体がサビていくこと。つまりビタミンCは体のサビ取や、老化に対抗する力を持っているのです。

 

今後のさらなる研究が必要ではあるものの、がんや白内障の発症を抑える可能性があるとの報告もあります。

 

ではビタミンCは、どのくらい量を摂取すれば良いのでしょうか。

 

 

食事から摂取している量はおよそ100mgです。

しかし分子栄養学では、1日に2000-3000mgを推奨するケースもあり、

 

その場合では100mgでは到底足りていないと言えます。

 

ビタミンCがどのくらい体に必要なのかは個人によって異なります。

例えば、タバコを吸う人と吸わない人によっても違います。

タバコ1本につき体内のビタミンCは25mg失われてしまうのです!

 

それ以外にも、ストレスの多い生活をしている人はそうでない人に比べて

体内のビタミンCの消費が激しくなるため、必要なビタミンC量は多くなります。

 

ビタミンCは大量に服用すると下痢を起こします。

下痢が起こる手前のビタミンC摂取量が、その人にとって必要な一番ベストな摂取量だと言えます。

まずは少量からビタミンCの摂取をしてみることをおすすめいたします。

 

次回の投稿では、当店のオーナー薬剤師 漢方王子こと野口貴司先生が開発した

オリジナルのビタミンCサプリメントをご紹介します。

ぜひチェックしてくださいね!

 

 

 

麻布漢方Herbal Room

<営業時間>

 

火ー土 12:00-20:00

定休日 月曜日・日曜日

 

漢方相談は予約制です。

最終相談受付19:00〜

商品ご購入の場合は20:00までにご来店ください。

 

<アクセス>

・都営大江戸線/麻布十番駅7番出口 徒歩2分

・東京メトロ南北線/麻布十番駅 徒歩5分

 

東京都港区麻布十番1−4−8 永坂ビル202

 

TEL  03-6435-5866


SNSで情報発信中